TJAPlayer3の曲の管理

このページでは、TJAPlayer3に使用する音源・譜面ファイルを効率よく管理するための方法を紹介します。

ジャンル分け

ジャンル分けを行うには、.tjaファイルにGENRE:ヘッダを付与します。

例:「ナムコオリジナル」ジャンルに振り分けたいとき

TITLE:さいたま2000
SUBTITLE:--
LEVEL:7
BPM:200
WAVE:さいたま2000.ogg
(中略)
SCOREMODE:2
GENRE:ナムコオリジナル

GENRE:ヘッダは、以下の文字を認識します。

  • J-POP
  • アニメ
  • ボーカロイド
  • VOCALOID
  • どうよう
  • バラエティ
  • クラシック
  • ゲームミュージック
  • ナムコオリジナル

(ボーカロイド・VOCALOIDは同じジャンルと認識されます。)

フォルダ分け

box.defを使い、フォルダを作成することができます。

例:「創作譜面」フォルダを作りたいとき

#TITLE:創作譜面
#GENRE:

#GENRE:に曲と同じようにジャンルを記述すると、その中に入っている曲全てにフォルダのジャンルを割り当てます。曲側で別のジャンルが設定されていた場合は、曲側のジャンルが優先されます。

フォルダ名は自由です。box.defファイルをテキストエディタで作成し、以下のようなディレクトリ構造にします。

D:.
│
├─任意のフォルダ
│  │  box.def
│  │
│  ├─曲のフォルダ
│  │      曲.ogg
│  │      曲.tja

任意の場所を使用する

Config.iniの中にあるTJAPathを変更することで、音源・譜面ファイルの場所を自由に変更できます。ファイルの場所を一つにまとめることで、他のTJAPlayer3や、太鼓さん次郎等のシミュレータと共存させることができます。

例:D:\hoge\path\tjaというフォルダに変更したいとき

(前略)

; 演奏データの格納されているフォルダへのパス。
; セミコロン(;)で区切ることにより複数のパスを指定できます。(例: d:\tja\;e:\tja2\)
; Pathes for TJA data.
; You can specify many pathes separated with semicolon(;). (e.g. d:\tja\;e:\tja2\)
TJAPath=D:\hoge\path\tja

セミコロン(;)を使うと、複数のフォルダを指定できます。