太鼓の達人のコンボボイスの抽出方法とか

アーケード版、スマートフォン版、家庭用版それぞれの抽出方法とか。 アーケード版の抽出方法 必要なもの ソースとなる音源 (BGM無し、ドンカツ音少なめが好ましい) パソコン (抽出に使うソフトがそれなりにスペックを要求する) 根気と努力(これが一番大事だったりする) ISSE (An Interactive Source Separation Editor) (抽出ソフト。オープンソース。) 音声の編集ができるソフト。(僕は「Adobe Audition CC」を使ってますが、フリーソフトとか簡易的なのもでいいです) 抽出の手順 音声の編集ができるソフトで、各コンボボイスを切り分ける(.wav形式)。 ISSEに読み込んで、ドンカツ音を除去する 音声の編集ができるソフトで、前後の空白を消したり、ノイズ除去フィルタを掛けたりする。 50コンボ!!! 各工程の手順 音声の編集ができるソフトで、各コンボボイスを切り分ける(.wav形式)。 切り分けます。このときはまだドンカツ音が入っててもOKです。 BGMについては筐体の設定を弄って無しにしてください。BGMが入ってると抽出のレベルは格段に難しくなります。いやマジで。 ISSEに読み込んで、ドンカツ音を除去する ISSEを起動して、さっき切り分けた.wavファイルを読み込みます。 読み込んだ後は、Processボタンを押して必ず「Source 1」、「Source 2」にも音声を出力してください。 「Mixture」で青と赤の色分けツールで不要な音と必要な音を分けます。 僕は不要な音を青、必要な音を赤として使っています、この逆でも構いません。 適当に編集したら、こんな感じになります。 編集し終わったらProcessボタンを押して音声出力をOFFにして、FileメニューからExport Audioをクリックして任意のフォルダに音声を出力します。 3トラック分書き出しされます。 音声の編集ができるソフトで、前後の空白を消したり、ノイズ除去フィルタを掛けたりする。 見出しのままです。音声が小さければ増幅させ、ノイズが入ってたらノイズ除去フィルタなどを掛けてやってください。最後にまた書き出して終了です。 スマートフォン版の抽出方法 Android端末しか持ってない(本当はiPhone4がありますが)のでAndroid端末限定です。 必要なもの Android端末(バージョンはできれば新しいほうが良い?) パソコン (ファイルの解凍、サンプリング周波数変えたりするのに必要?) 太鼓の達人プラス(インストールしておく) Apk Extractor(.apkファイルの抽出を行う。広告が多いので誤クリックしないように) ファイラーアプリ(.apkファイルをパソコンにコピーするためのアプリならなんでも良い) 音声の編集ができるソフト。(僕は「Adobe Audition CC」を使ってますが、フリーソフトとか簡易的なのもでいいです) 抽出の手順 Apk […]

PS4タタコンのJoyToKey設定

PS4タタコンをPCにつなげるときに使うJoyToKeyの設定。 Taiko Controller PS4 with JoyToKey Button Location Recommend Keyconfig (Taikojiro / TJAP3(2)) Stick1: ← – – Stick1: → – – Stick1: ↑ – – Stick1: ↓ – – POV: ↑ Up ↑ POV: → Right → POV: ↓ Down ↓ POV: ← Left ← Button 1 Square Button – Button 2 Cross Button – […]

TJAPlayer3-ネームプレート作成キット

TJAPlayer3や太鼓さん次郎のスキンに使う、ネームプレートの作成キット。 紹介動画 / PV(?) 使い方 / How to use キットをダウンロードする。 / Download this kit. .psd形式が読み込める画像編集ソフト(例:GIMP2、Photoshop)で開く。 / Open with image editing software (Ex.: GIMP 2, Photoshop). That can read .psd format. ドンだーひろばから自分の名前と称号をダウンロードし、編集する。 / Edit your name and title from Donderhiroba. .png形式で書き出しし、規定の場所に配置する。 / Export in .png format and place it default location. YOU WIN!! ダウンロード / Download […]

ダウンロード

このサイトでのTJAPlayer3のバイナリファイルの配布は終了しました。 2019年6月3日をもって、TJAPlayer3のバイナリファイル(実行ファイル)の配布を終了させていただきます(終了の理由)。 これから最新バージョンのTJAPlayer3を使用する場合は、GitHubからTJAPlayer3のリポジトリをダウンロードして、自分でビルド(実行ファイルの生成)を行う必要があります。 ※ビルド済のファイルを配布しているところもありますが、終了の理由に書いている通り、そのファイルのダウンロードは自己責任でお願いします。また、実行ファイルの生成も自己責任でお願いします。 AioiLight/TJAPlayer3 ビルドして実行ファイルを生成する方法は、リポジトリメインページの下部にあるREADME.MDをご覧ください(ビルド方法に関する質問についてはお答えできかねます)。 現在分かれているブランチ: master – メイン。 ui-culture-test – 多言語対応のテスト。 fix-config-font-rendering – 設定画面のフォントレンダリングの改善。 ver-1.6.x – Ver.1.6.x系の機能追加・変更のブランチ。 ジャンル分けされたフォルダのパック → TJAPlayer3-Starter-Kit.zip Ver.1.4.1+入力ラグ自動補正 .tjaファイル → Input Calibration.zip

ダウンロード

TJAStudioの配布場所。日付クリックでダウンロードです。 ※必ず「Readme.txt」を見てから使ってください。 既存の環境からアップデートする場合: Windows.xmlとSettings.xmlを念のためバックアップしておき、解凍して出てきたファイルを既存のTJAStudioに上書きしてください。同じ設定で起動します。 日付 Ver. 2019/7/27 Ver.3.5 2019/7/5 Ver.3.4 2019/6/4 Ver.3.3 2019/5/12 Ver.3.2 2019/3/21 Ver.3.1 2019/3/18 Ver.3.0 2019/2/10 Ver.2.0 2019/1/19 Ver.1.3 2019/1/16 Ver.1.2 2019/1/14 Ver.1.1 2019/1/14 Ver.1.0

更新履歴

19/7/27 Ver.3.5 (゚∀゚)o彡゜高DPI!(゚∀゚)o彡゜高DPI! .NET Framework 4.7.2が必要となった。これは高DPIに対応するための変更だ。「Windows 10 October 2018 Update」以降のWindows 10ならば初めからインストールされている。 高DPIに適応するようになった。4kディスプレイでも最高のUXを(issue #13)。 各種メッセージダイアログが豪華になった。 ヘッダー編集時、重複した場合古いヘッダーを削除するか残すか訊いてくるようになった(issue #14)。 19/7/5 Ver.3.4 不具合修正とオプションの追加 コースの中身が空欄だとプロジェクトを開いたときにエラーが発生してしまう不具合の修正(issue #9)。 エディターの設定が反映されていない不具合の修正。 段位認定生成器でSCOREINIT、SCOREDIFFが記述されているが値がない場合にエラーが発生してしまう不具合の修正(issue #10)。 段位認定生成器で総音符数の計算ミスが起こる不具合の修正(issue #4)。 .tjaファイルの書き出し後、その書き出し先のフォルダを開くかどうかのオプションの追加(issue #8)。 19/6/4 Ver.3.3 コース管理の不具合修正 「プロジェクトを開く」から複数のコースのあるプロジェクトを開くと、コースの中身が入れ替わる不具合を修正した(issue #5)。 「コース」ウィンドウでコースを上下すると、エディター画面が入れ替わってしまう不具合を修正した(issue #6)。 19/5/12 Ver.3.2 命令の簡易追加機能 いくつかの命令がメニューやショートカットから簡単に挿入できるようになった。 それらは自動的に改行処理を行ってくれるので、近所のお兄ちゃんにも好評だ。 選択範囲から命令を削除して体裁を整える機能が追加された。 19/3/21 Ver.3.1 不具合修正。 段位認定生成器で、SCOREINIT:に真打配点が指定されていると強制終了する不具合を直した。 19/3/18 Ver.3.0 段位認定生成器 段位認定生成器を追加した。これで、お気に入りの譜面を課題曲にすることが出来る。 19/2/10 Ver.2.0 三連休はバグ修正へ溶けてゆく… 設定画面を追加した。設定を反映するには、再起動する必要がある。 フォーマットチェッカーを追加した。自分がどんなに眠くても、文法ミスを防いでくれる。 譜面書き出し時にプロジェクトファイルをコピーするようになった。 […]

更新履歴

19/7/7 Ver.1.5.7 段位認定モードのタイトル、サブタイトルの文字を幕アニメーション開始時ではなく事前に準備するようになった。多分演奏画面でカクつかなくなる(issue #228)。 譜面分岐のない譜面で、1,2,3 キーによる強制的な譜面分岐を無効化した(issue #331)。 段位認定モードのタイトル、サブタイトルの文字の色をSkinConfigから変更できるようになった(issue #334)。 スキンについてはVer.1.5.0、Ver.1.5.1、Ver.1.5.2、Ver.1.5.3、Ver.1.5.4、Ver.1.5.5、Ver.1.5.6と下位互換性があります。 19/4/30 Ver.1.5.6 PK平成サヨナラΩ (多言語テスト) 設定画面の説明が、パソコンの言語に合わせて、日本語と英語で表示するようになった。 2人プレイ時に、新判定(β)が正常に動作しない不具合が修正された。 オートプレイ時のレーンフラッシュが正しく表示されない不具合が修正された。 黄色連打の吹き出しのフェードアウトがなめらかになった。 AVI設定がONでも背景動画がなかった場合は、背景画像やスクロール背景を表示するようになった。 背景動画再生時のレーンの透過が、Config.iniのBGAlphaの不透明度を使用するようになった。透明度ではなく、不透明度だ。 段位認定モードの結果発表時、合格・不合格の画像がなかった場合でも強制終了しなくなった。 今回のこのVer.から、日本語表記の設定画面を復活させています。これは譜面ファイルの読み込みは英語の言語として、ユーザーインターフェースの言語はパソコンの言語に合わせるよう変更したためです。また、後日実際にパソコンの言語と表示されている言語が揃っているかのアンケートを開きます。ご協力お願いします。 スキンについてはVer.1.5.0、Ver.1.5.1、Ver.1.5.2、Ver.1.5.3、Ver.1.5.4、Ver.1.5.5と下位互換性があります。 令和で会おう! 19/2/24 Ver.1.5.5 Ver.1.5.4 のバグ修正 ふうせん連打に失敗したとき、キャラクター画像が正常に再生されない不具合の修正をした。 譜面分岐を行うと、すべてのコースの判定をしてしまう不具合を修正した。 致命的な不具合があったので、Ver.1.5.5の機能追加を行わず、前倒しでアップデートしました。 スキンについてはVer.1.5.0、Ver.1.5.1、Ver.1.5.2、Ver.1.5.3、Ver.1.5.4と下位互換性があります。 19/2/21 Ver.1.5.4 約3ヶ月ぶりのアップデート SkinConfigに、#include命令を追加した。外部ファイルからSkinConfigを読み込むことができるようになった。サンプルはすべてSimpleStyleの中に。 新判定(β)を実装した。基本的には可判定以上の過去の音符を優先的に判定し、ドンとカツでそれぞれ分離された判定方法になった。まだこれは仮の形である。 3桁コンボ以上のとき、Y拡大率とは別に文字を跳ねさせるかどうかのSkinConfigを追加した。 魂ゲージの増加量の丸め方法を指定するGAUGEINCR:命令を追加した。詳しくはドキュメントを見てほしい。 ダブルプレイ時に、小節数のカウントがおかしくなったり、歌詞がおかしくなったりする不具合を修正した。 段位認定モードで、曲名の位置がおかしくなったり、縮小処理が正常に行われない不具合を修正した。 ダブルプレイ時に、コンボボイスが正常に再生されないことがある不具合を修正した。(Seseragi255さん、ありがとう!) ふうせん連打成功・失敗時にフェードアウトが付くようになった。フェードアウトにかかる時間はSkinConfigから変更できる。 段位認定モードや太鼓タワーモードで、正常にソートができない不具合を修正した。 譜面再生スタート時に、特殊スクロールが設定されると表示がおかしくなる不具合を修正した。 #NEXTSONG命令でタイトルやサブタイトルに半角,を使うときのエスケープ処理を追加した。実際に入れたい場合、\,と書く。 飛んでいく大音符花火の開始角度を18度に固定した。 スキンについてはVer.1.5.0、Ver.1.5.1、Ver.1.5.2、Ver.1.5.3と下位互換性があります。 18/12/28 Ver.1.5.3 Discordを使ってみるかい? (無料だよ!) ゲーマー向けテキスト・ボイスチャットサービス「Discord」にTJAPlayer3が対応した。Sカイプ、Lイン、Tムスピークの時代は終わりだ。 TJAPlayer3がデフォルトで「LargeAddressAware」を有効化。メモリの限界を突破する。 スキンの切り替え後、一部効果音が再生されない不具合を修正した。 […]

コンボボイス

コンボボイスは、フォルダ「Sounds\Combo_n P」以下のファイルを読み込みます。n はプレイヤー番号です。 Ver.1.4.0+ Ver.1.4.0から、Sound.csvを使わずに半自動的にコンボボイスを設定できるようになりました。 例えば、50コンボ時に再生されるように設定する場合、50.wavのようなファイル名にします。ファイル名の数字がそのまま割り当てられるコンボ数になるので、英字を混ぜないでください。 ファイル形式は.wavか.oggを推奨します。 参考画像

ぷちキャラ画像

TJAPlayer3 Ver.1.5.0で追加されたぷちキャラの仕様。 仕様 ぷちキャラの画像は常に「Graphics\5_Game\18_PuchiChara\0.png」を読み込みます。 ぷちキャラ画像は縦に通常時、魂ゲージ100%時の2種類が並び、横に各種類のコマが並びます。 一コマあたりの画像サイズとコマ数の上限はありません。

ランナー画像

ランナー画像は、常に「Graphics\5_Game\16_Runner\0.png」を読み込みます。 ランナー画像は縦に種類別に並び、横にその種類のコマが並びます。 最低でも2種類(ミス時、非ミス時)必要です。 画像のサイズはメモリとGPUが許す限り無制限です。 ランナーに関する設定は、SkinConfig.iniに書いてあります。