BBIQの光回線を100メガから1ギガにしてみた

BBIQの光回線を100メガプランから1ギガプランにして、速度がどれくらい違うのかを適当に比較。

ほんとうは5回程度測定して平均を求めるべきですが、適当なので1、2回しか測定してません。

計測サイトはGoogleのスピードテストです。計測した時間帯は平日の20時です。

パソコン 有線接続(cat5e)

100メガ回線

1ギガ回線

約下りは10倍、上りは3倍速度が向上しました、アップロード専用プロバイダ(笑)と身内で読んでいたBBIQの回線も、ついに下りが上りに勝ちました。

YouTubeで2160p60fps(4K)の動画を再生しましたが、カクツキ、止まることなく快適に観れました。シークもすぐに飛びます。

スマートフォン 無線接続(11ac)

100メガ回線

1ギガ回線

こちらも、YouTubeアプリの快適性が向上しました。端末が4K動画に対応していないので再生はできませんが、パソコンと同じくシークが爆速になりました。

アプリの更新が溜まってたのでダウンロードしてみましたが、一瞬でダウンロードが完了します。爆速です。

まとめ

  • 今までアップロードが速く、ダウンロードはイマイチだったが、どちらも速くなり快適性が増した。
  • YouTubeの2160p60fps動画も快適に再生できるようになった(パソコンのスペックが足りてれば、の話ですが)
  • 無線でもついに100Mbpsを超すことが出来た。