なぜ、こう、人類はスマートフォンの画面に穴を開けたがるのか

なぜ、こう、人類はスマートフォンの画面に穴を開けたがるのか。

僕は、最近流行っている、スマートフォンの画面の上部に切り欠きを入れたり、画面に穴を開けてカメラを入れたりする、いわゆるノッチやパンチホールが大の苦手です。

理由は単純明快、格好が悪いから。

カメラや照度センサーのある場所を切り抜いたようにディスプレイを配置することで、全面をどれだけ覆っているかの割合である、「画面占有率」を向上することができる。画面占有率が上がることで、1度に見ることのできる情報量が多くなり、また動画の視聴時にも迫力が増す。


多分1番日本ではメジャーなiPhone Xs。このように、従来のiPhone 8とほとんど端末の大きさは変わっていないが、ディスプレイが隅々まで表示されているので迫力の違いがすごい。

ただ、僕のような故きを温め新しきを無視するような僕は、強烈な違和感を覚えます。ディスプレイが四角くないことに……。

テレビだって、パソコンだって、ディスプレイは四角くて、その隅々まで情報が表示できるのがディスプレイなんですよ。画面の上部の一部が欠けているのは、やっぱり初めは強烈な違和感を覚えます。まるで街中のオーロラビジョンの一部が壊れているような違和感。

これの1世代前が同じようなデザインのiPhone Xですが、それと同時期くらいにGalaxy note8がキャリアから発売されて、そのときに端末を購入したんですよね。このときはまだ切り欠きはなく、画面占有率もそれなりに高く画面上部にはカメラやスピーカー、虹彩認証用のセンサーなど機能面に長けていました。

Galaxy note8。画面上部には通知用LED、虹彩認証センサー、近接センサー、照度センサー、スピーカー、カメラなど、フラグシップモデルにふさわしいセンサー類を備えている。

僕は個人的に、このGalaxy s8、note8は最高に機能性、デザインが良いスマートフォンなんじゃないかと思っています。この世代のGalaxyはかなり売れましたし、ほぼ同じ外観で後継のs9、note9が発売されたので、それが何よりの根拠です。

そんなGalaxy シリーズですが、来年でなんと10周年、そしてGalaxy s10の登場……。

だからなぜ穴を空けた。

おまけに虹彩認証も廃止になりました……バイオメトリクス認証の中でもかなりの精度を誇っていたのに……失敗だったんでしょうか。

ちなみに僕はGalaxy s8のデザインで、これ同等の性能があれば絶対そっちを選びます。

う~ん、良さげな端末が発売されるまで、多分ずっとGalaxy note8を使い続けるなぁ……