使用方法

ここでは、TJAStudioの使用方法について解説します。

メイン画面

メニュー

ファイル

新規プロジェクト…
新規プロジェクトを作成します(TJAStudioを再起動してるだけ)。

プロジェクトを開く…
プロジェクトを開きます。
テンプレートを開く…
テンプレートフォルダからプロジェクトを開きます。プロジェクトを開くときとは違い、新規ファイルとして扱われます。
プロジェクトを保存
開いているプロジェクトを保存します。新規ファイルの場合、名前をつけて保存と同じ挙動を行います。
プロジェクトを名前をつけて保存…
プロジェクトに名前をつけて保存します。
.tjaファイルをエクスポート
.tjaファイルをして書き出しします。
終了
おしまい。

編集

元に戻す / やり直し
Undo / Redo します。
切り取り / コピー / 貼り付け
クリップボードを操作します。
行へ移動…
指定した行まで移動します。
全て選択
全て選択します。
日時を挿入
//YYYY/MM/DD hh:mm:ssの形式で現在の日時を挿入します。
リピート
選択中の譜面を繰り返します。
ノーツ操作
そのままの意味です。

ウィンドウ

各種ウィンドウが開きます。そのままの意味です。

命令

命令を挿入することができます。そのままの意味です。

範囲を選択している場合は、その間に挟まれるように編集されます。また、#SCROLLBPMCHANGEについては、範囲選択している場合、範囲の終端に変化前の状態が維持されるように処理されます。

実行

シミュレーターを起動
設定したシミュレーターをコマンドライン実行します。コマンドライン実行に対応したシミュレーターが必要です。
ライブアップデート
TJAStudioが非アクティブウィンドウになった際に、自動的に「シミュレーターを起動」で使用してるファイルを更新します。この機能を使うことによって、シミュレーターを再起動することなく、シミュレーターの譜面再読み込み機能で制作中の譜面を確認することができます。

エディター

譜面を編集するエディターです。一部のメニューの機能は、エディターがアクティブでないと反応しません。

共通ヘッダー / コースヘッダー

TITLE:BPM:などのどのコースにも共通するヘッダーをここで編集します。 / BALLOON:LEVEL:などの特定のコースに関係するヘッダーをここで編集します。

プロジェクト

ここに追加されたファイルは、自動的に「シミュレーターを起動」時や、「.tjaファイルをエクスポート」時に.tjaファイルと同じフォルダにコピーされます。

コースリスト

コース一覧です。上から順に、.tjaファイルをエクスポートしたときに並んでいきます。

設定

言語
TJAStudioを利用する言語を指定します。
ワークスペース
まだ使用されていません。
シミュレーター
「シミュレーターを起動」で使うシミュレーターまでのパスを指定します。
.tjaファイルのエクスポート時にUTF-8 エンコードを使う
チェックを入れると、エクスポート時にUTF-8エンコードを利用します。チェックが入っていない場合、Shift-JISエンコードで書き出しします。

エディターの色設定はそのままの意味なので省略します。フォントについては、等幅フォントを利用することを推奨します。

フォーマットチェッカー

.tja ファイルのフォーマットを簡易的にチェックします。チェック時に問題が無い場合でも、正常に動作しない可能性があることをご注意ください。どこでフォーマットエラーが出ているのか、行欄に書かれています。コロン(:)の後が行数です。

ウィンドウ上部のセレクトボックスから、チェックする際に使用するシミュレーターを選択できます。例えば、Taikojiroを設定した場合に、譜面の中に「#SENOTECHANGE」というTJAPlayer3で追加されている命令が出てきた場合、警告が表示されます。

段位認定生成器

TJAPlayer3で再生可能な、段位認定モードの譜面を半自動的に生成するツールです。上部で各条件を指定し、下部で課題曲を指定します。このツールでは、.tjaファイルと.tsprojファイルの両方を読み込むことができます。それらに複数の難易度が存在する場合、どの難易度を使用するかのダイアログが表示されます。ステータスバーには課題曲数と総ノーツ数が表示されます。「.tjaファイルを生成」をクリックすると実際に利用可能な.tjaファイルが保存先に保存され、各課題曲の音源ファイルも自動的にコピーされます。