バックグラウンド再生、広告非表示が可能なYouTube改造アプリ「YouTube Vanced」のすすめ

モバイルアプリ版YouTubeでは、「YouTube Premium」に加入することでバックグラウンド再生や広告の非表示が可能になりますが、それに加入しなくてもそれらの機能が利用可能なYouTube改造アプリ、「YouTube Vanced」なるものが存在します。このYouTube Vancedは、それらの機能に加え、利用端末の偽装を行ったり、優先する画質の選択等が行えるようになったりします。

導入に必要なもの

  • スマートフォン(Androidである必要があります)
  • YouTube VancedとMicroGのapkファイル(入手方法を下記に載せときます)
  • 提供元不明のアプリをインストールできる環境

実際に導入してみる

まずは、YouTube VancedのWebサイトにアクセスします。

また、Google等で検索すると似たようなサイトが数件ヒットしますが、実際のサイトは「https://vanced.app/」のみです。それ以外はフェイク、またはミラーサイトで、マルウェアなどが仕組まれている可能性もあり利用は推奨できません。

大抵の端末はroot化されてないので、「Non-Root Downloads」からダウンロードします。

ここで、二つのアプリをダウンロードします。

  • YouTube Vanced – 本体。説明は要らねぇな!
  • MicroG – Google Play開発者ツールの代わりとなるアプリ。先述のアプリでGoogleアカウントにログインする場合必要となるので入れておく。

基本的に、バージョンが新しいものを利用してください。表をタップするとダウンロードが始まります(始まるまでに時間が掛かります)。もしダウンロードがいつまで経っても始まらない場合は、ページの下にある「Try the basic version here.」をクリックして、表の中にある「Download」を押してください。また、ダークテーマ以外にもブラックテーマ、ブルーテーマなどもあるのでそこは自分の好みでダウンロードするファイルを選んでください。

パッケージインストーラーが開くので、インストールしてください。

MicroGのダウンロードとインストールも同様にお願いします。

あとはアプリドロワーに「YouTube Vanced」が追加されいてるはずなのでそれをタップして起動します。アプリ自体は公式のYouTubeアプリと同様に使えるので、細かい説明はしません。

Google アカウントのログイン

右上のアイコンをロングタップするとアカウントの選択・追加画面が現れるのでここからアカウントを追加できます。追加すると通常のGoogle Play 開発者ツールではなくMicroGでアカウントログイン画面が表示されるので、ログインを行ってください。ただ、YouTube Vancedによるアカウントの操作について保証しかねます。

ログインするとチャンネル選択画面になるので利用したいチャンネルをタップして切り替えます。

youtube.com / youtu.be のリンクをYouTube Vancedで開く

通知設定から、公式YouTubeアプリのリンクを開く動作を「毎回確認する」か「このアプリで開かない」に設定してください。

あとはYouTubeのリンクを開こうとすると、アプリを選択するダイアログが表示されるので、常時を押せば恒久的にYouTube Vancedで開かれるようになります。