ダークテーマアプリの決定版。「Swift Installer」を使おう

Swift Installer」は、スマートフォンの外観(テーマ)を変更可能とする、テーマアプリの一種です。Swift Installerを利用することで、端末の設定画面やシステムUI、TwitterやYouTubeの配色を統一し、ダークテーマを適用することができるようになります。200以上のアプリに対応しています(対応アプリ一覧表)

主に利用可能な端末

  • AOSPベース、OxygenOSのAndroid Oreo端末(要root化)
  • Samsung GalaxyのAndroid Oreo端末(root化の必要なし)
  • AOSPベース、OxygenOS、MiUI 10のAndroid Pie端末(要root化)
  • Samsung Galaxy s9, note9のAndroid Oreo端末(root化の必要なし)

※自分の端末環境: Samsung Galaxy note8 (SCV37) - Android Oreo(非root)

注意事項

  • それなりのAndroid端末に対する知識が必要です。
  • アプリ自体は有料です(190円)。また、ベータ版であり動作を保証することはありません。
  • テーマをオーバーレイするという性質上、テーマが適用された状態でAndroid OSのアップデートを行うことは危険です。
  • テーマをオーバーレイするという性質上、テーマが適用された状態でアプリをアップデートすると強制終了する場合があります。故に、Playストアの自動更新は無効にすべきです。
  • オーバーレイのインストールには時間が掛かります。
  • 若干端末のパフォーマンスが落ちます。Antutuベンチで言えば、大体2万点ほど下がりました。

インストール

Playストアからアプリを購入して、利用可能な端末にインストールすることができます。

インストールされたアプリを開くと、チュートリアルが表示されます。チュートリアル後、初期設定として、背景色とアクセント色、システムUIの設定を行います。

設定項目一覧

初期設定、または「Personalize」から色やシステムUIの設定変更が行えます。

Accent
アクセント色の設定です。クイック設定タイルのアイコン色や、各アプリのアクセント色として使用されます。暗すぎたり、明るすぎたりする色を設定することはできません。
Dark Background
背景色の設定です。各アプリの背景色として使用されます。明るすぎる色を設定することはできません。
Theme Style
Material: マテリアルデザインを外観に対して使用します。
Flat: フラットデザインを外観に対して使用します。
Status Bar Icons
AOSP: AOSPで使用されているアイコンを使用します。
Stock: その端末オリジナルのアイコンを使用します。
White, grey (recommended): ステータースバーのアイコンが白、もしくは灰色で表示されます。
Always accent: ステータスバーのアイコンが常にアクセント色で表示されます。
Always white: ステータスバーのアイコンが常に白色で表示されます。
White, black (default behivior): ステータスバーのアイコンが白、もしくは黒色で表示されます。
Settings and Power Menu Icons
Android P: Andorid Pie標準のアイコンを使用します。
Stock accented: その端末オリジナルのアイコンを、アクセント色で使用します。
Stock multi-colored: その端末オリジナルのアイコンを使用します。
AOSP: AOSPで使用されているアイコンを使用します。
Notification Background
White: 通知領域の背景色が白になります。
Black: 通知領域の背景色が黒になります。
Disable: 通知の文字に影を付けません。
Enable shadow around text: 通知の文字に影を付けます(通知の文字色がそのアプリ側でハードコーディングされている場合、色がかぶって見づらくなるため)。
Quick Settings Style
クイック設定タイルの透明度を指定します。
Quick Settings Icons
AOSP: クイック設定タイルで、AOSPで使用されているアイコンを使用します。
Stock: クイック設定タイルで、その端末オリジナルのアイコンを使用します。
Navigation Bar Icons
AOSP: ナビゲーションバーで、AOSPで使用されているアイコンを使用します。
Stock: ナビゲーションバーで、その端末オリジナルのアイコンを使用します。
Clock
Left: 時計を左に表示します(Android Pie風)。
Centered: 時計を中央に表示します。
Right: 時計を右に表示します。

テーマのインストール・アンインストール・更新

初期設定後、「Install / uninstall」からテーマの管理が行えます。テーマが適用できるアプリが自動的に検出されます。反映には端末の再起動が必要になります。またインストール中にいくつかのアプリが強制終了する可能性があります。インストールに失敗した場合は失敗した理由も表示されます。

Inactive タブ

テーマがインストールされていないアプリがリストアップされます。チェックを入れて、右下のフローティングボタンからインストールが行えます。

右上のボタンからすべてのチェックボックスのON・OFFができます。

提供元不明アプリのインストールの許可が必要になります。

Active タブ

テーマがインストールされているアプリがリストアップされます。チェックを入れて、右下のフローティングボタンからアンインストールが行えます。

Update タブ

テーマがインストールされていて、そのテーマ自体にアップデートがあるアプリがリストアップされます。チェックを入れて、右下のフローティングボタンからアップデートとアンインストールが行えます。

よくある不具合の対処法

アプリを更新したら強制終了する。

Swift Installerは定期的にアプリの対応バージョンを更新していて、それには過去のバージョン、現在のメジャーなバージョン、ベータ版のバージョンが含まれるようになっています。これよりも新しいバージョンになってしまうと、Swift Installer自体の更新とテーマのアップデートが必要になります。何度も言いますが、Playストアの自動更新は無効にすべきです。

また、どうしてもサポートしていないバージョンの場合、「Not supported, Please uninstall」と表示され、テーマをアンインストールするような旨が表示されます。

Googleやアシスタント、Playストアが強制終了して開けなくなる。

これらのアプリは基本的にAndroidが自動的にアップデートするようになっていて、テーマがその最新バージョンに対応していない可能性があります。Playストアが開ける場合は、Swift Installerに更新が来ていたら(Swift Installer側の更新でテーマの対応バージョンが変化します)更新してからテーマをアップデートしてください。もしPlayストアが開けない場合は、Playストアのテーマを削除してから、更新してください。